沿革

街の歴史に残る「あかり」

めまぐるしい技術革新を続ける社会においては、多くの新しいものでさえ、その急速な流れのなかで次々に失われてゆきます。 因幡電機製作所では、いつの時代にも人々の愛着と信頼を得た"良いもの"をつくり続け、消えることのない「あかり」で、街の歴史を照らし続けてゆきたいと願っています。

昭和13年 4月 堺市において因幡弥太郎の個人企業として特殊電動機、発電器、開閉機等の製造工場として創業
昭和20年 9月 大阪市今里に工場を復興、電気器具の生産を再開
昭和32年 5月 製造部門を分離独立、(株)イナバ照明(資本金300万円)を設立、東大阪市高井田において、主として照明器具の生産を開始
昭和34年 11月 配電盤需要に伴い、(株)因幡パネル製作所(資本金300万円)を同敷地内に設立
昭和37年 5月 (株)イナバ照明と(株)因幡パネル製作所を合併し、(株)因幡電機製作所(資本金1,200万円)電機事業部、照明事業部を発足
昭和41年 8月 電機事業部工場として大阪市城東区に城東工場新築、営業部門を大阪市東成区に移設
昭和43年 1月 事業拡大に伴い、城東工場を大阪府羽曳野市に電機事業部工場として新設移転
6月 本社高井田工場を照明器具専門工場として改築
昭和44年 10月 東大阪商工会議所より中小企業体質改善優良工場として表彰を受ける
昭和45年 5月 羽曳野工場を配電盤製造一貫工場として増設完成
7月 営業所を大阪市西区に移転
昭和46年 1月 業務の合理化を計るためのコンピュータを導入、使用を開始
5月 照明用テーパーポール製造のため、川鐵鋼管株式会社との間に技術提携を行い、高井田工場内にリバー事業部を新設、従来の電機事業部、照明事業部と共に3事業部とした
7月 授権資本金を4,800万円に増額
昭和47年 2月 テーパーポールの東日本地区の需要に応ずるため川崎製鉄千葉製作所内に千葉製作所を開設
昭和48年 9月 大阪府柏原市にテーパーポール専用工場を新築移転
高井田工場を照明事業部専用工場として改築 
昭和49年 6月 東京事業所を開設し、東京地区の配電盤製造部門として東京都東村山市に東京工場を新築
昭和50年 8月 資本金を3,600万円に増資
昭和51年 9月 資本金を4,800万円に増資
昭和52年 5月 アメリカMcGRAW EDISON社と技術及び販売提携を結び、デコレィティブ・SPIライティングの営業を開始
昭和53年 6月 事業拡大に伴い高井田工場を閉鎖
中小企業庁の指導により柏原市の大阪中小企業団地に中小企業高度化事業の照明器具一貫工場、円明工場を開設
昭和56年 8月 関東地区首都圏における照明営業拡大のため東京営業所を開設
昭和57年 6月 自動販売機の開発製造のため機器事業部を新設
7月 授権資本金を1億9,200万円に増額
平成 4年 10月 照明柱事業拡大に対応のため、奈良県都祁藺村に奈良工場を新設
平成 5年 9月 東日本地区の配電盤・制御盤の事業拡大に対応のため、群馬県吉井町に群馬工場を新設
羽曳野工場の生産合理化のため、工場棟・管理棟を増築完成
東日本の総合戦略拠点として、東日本事業本部を移転拡大、東京営業所・群馬事業部・東村山事業部の統括開始
平成 6年 8月 資本金を9,700万円に増資
平成 8年 7月 授権資本金を3億8,800万円に増額
平成 9年 9月 大阪中小企業投資育成株式会社より資本参加を受け、資本金を1億3,000万円に増資
平成11年 2月 奈良工場ISO9002認証取得。照明ポールで初の国際品質規格
12月 円明工場(照明事業部)ISO9001認証取得
羽曳野工場(電機事業部)ISO9001認証取得
平成 12年 9月 奈良工場(ポール事業部)ISO9001認証へ拡大取得
平成 14年 3月 群馬工場(東日本グループ)ISO9001認証取得
平成 14年 7月 2002 電設工業展製品コンクール【大阪府知事賞】受賞
平成 15年 2月 群馬工場ISO14001認証取得
平成 16年 6月 平成16年度 おおさか環境賞【奨励賞】受賞
7月 2004 電設工業展製品コンクール【中小企業庁長官賞】受賞
平成 18年 6月 2006 電設工業展製品コンクール【大阪市長賞】受賞
平成 19年 1月 東京本部営業所を拡大移転し、東京本社を開設
平成 21年 7月 2009電設工業展製品コンクール【環境大臣賞】受賞
平成 22年 7月 2010電設工業展製品コンクール【環境大臣賞】受賞
平成 23年 9月 業務効率化のため照明事業部の拠点を羽曳野工場に移転、配電事業部と事業所を共用
平成 24年 2月 羽曳野工場に照明実験棟新設
平成 24年 7月 塗装専用工場として奈良第二工場を新設
平成 25年 12月 群馬工場に板金工場を新設

会社案内