三現主義

原点を大切に

三現主義

品質管理に携わる人なら誰もが知っている三現主義は、品質管理の原点です。
「現場」で直接「現物」を観て「現実」を知ること。つまり机上の空論ではいけない、という意味です。
正確な情報を得るために、私たちは常に製品のそばで働いています。

現場で得た知識・経験を社内で共有し、また次の現場に活かす。 このようにして因幡電機製作所は常に進化しておるんじゃ。

品質保証